2005年 12月 19日 ( 1 )

2005年 12月 19日
誰でもわかる!簡単【個人情報保護法】39 ~個人情報漏えい事件 JR西日本の対応~
JR西日本が12万人の個人情報漏えい事件を起こしました。
 JR西日本は16日、年配者向けの会員制旅行サービス「ジパング倶楽部」の会員約12万人の個人情報が外部に流出し、高額な仏像の電話セールスに使用されたと発表した。流出ルートは不明で、同社は大阪府警天満署に通報した。
Excite エキサイト : 社会ニュース

漏えいした個人情報の件数は、12万人とかなりの量です。また、流出した情報が電話セールスで利用されるといった2次利用が行われています。

しかし、JR西日本の対応をホームページから見ると、
 お知らせのページ 
 お詫びのページ

があるだけです。
もちろん、ホームページへの掲載文だけで企業の対応を判断することは出来ません。しかし、流出経緯が確認されていない状況で、新規入会を受け付けている事は問題です。
今後、申込をする人がJR西日本に提供した情報が、今回の事件と同様の原因で漏えいすることは無いのでしょうか?もし、無いのであれば、なぜ、そう言えるのかをきちんと発表しておくべきでしょう。
社内調査段階の情報をむやみに発表できないという点を差し引いても顧客に対する説明が足りないのではないか?と思ってしまいます。
[PR]

by office-izutani | 2005-12-19 10:20 | 誰でも簡単【個人情報保護】