2006年 05月 23日
5日で株式会社設立ができる!
会社法が改正され、株式会社の設立が一部手続きが簡素化されたり、制限が無くなった事により、会社が作りやすくなりました。
今後は、中小企業においても一部業務を子会社化したり、新規事業を別会社を設立して開始したりといった経営手法がとりやすくなったといえます。

【主な改正点】
・最低資本金規制の撤廃
株式会社の資本金が1円から認められるようになったので、事業の規模に合わせた形で、新会社を設立することができます。

・類似商号規制の撤廃
従来は、市区町村などの最小行政区画のなかで、同じ商号で同じ事業目的の商号の利用は認められませんでした。しかし、これが同一住所で同一商号が使用できないという内容に緩和されています。

・資本金の払込手続きの簡略化
従来は、資本金の払込手続きを、金融機関に株式の払込事務を委託し、株式払込金保管証明書を発行してもらう必要がありました。これが、通帳のコピーにより資本金の払い込みの証明ができることとなっています。


これらの改正点によって、株式会社を設立しやすくなっただけでなく、手続きもスピーディに実施することが出来ます。
当事務所では、標準5営業日で株式会社の設立手続きをおこなっております。
会社設立をご検討中の方は、一度お問い合わせ下さい。
[PR]

by office-izutani | 2006-05-23 11:50 | 会社法解説


<< 新事業を立ち上げる時にもらえる助成金      新会社法への対応 >>