2006年 01月 13日
個人情報、漏えい従業員にも罰則?
個人情報保護法の処罰の対象を従業員個人に広げる事が検討されています。

個人情報、漏えい従業員にも罰則…法改正の自民原案 : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
個人情報、漏えい従業員にも罰則

現在の個人情報保護法法では、不正な漏えいなどの事件が起こった場合、処罰の対象が企業の代表者らに限られていました。
 このため、
〈1〉5000人超の個人情報を扱う企業と委託先の従業員や元従業員が、業務で知り得た個人データの内容をみだりに他人に知らせたり、不当な目的に利用してはならない
〈2〉従業員らが不正な利益を図る目的で第三者にデータを提供した場合は、1年以下の懲役または50万円以下の罰金に処する


との条項を追加し、従業員を法律上処罰することができるようにするといった内容です。
[PR]

by office-izutani | 2006-01-13 15:12 | 誰でも簡単【個人情報保護】


<< プライバシーマーク認定事業者数...      スタートアップ支援事業補助金 >>