2005年 08月 16日
誰でもわかる!簡単【個人情報保護法】② ~他の会社はどの程度やってるの?~
個人情報保護に取り組む時に、やっぱり気になるのは他社の動向。「知り合いの会社でプライバシーマークを取ったって話を聞いたけど、うちでも必要なのかな?」「コストをかけずに個人情報保護対策をやりたいけど、他の会社はどれだけやってるの?」なんて思われる経営者の方も多いのではないでしょうか。

京都市が7月27日に発表した京都市内の中小企業を対象とした個人情報保護法に関する調査結果を発表しました。
http://www.city.kyoto.jp/sankan/keiki/keikyo/20050728-01.pdf

この調査結果を見ると、個人情報保護法の施行に伴い個人情報保護法への対策を取っている中小企業はたったの2割となっています。

また、NRIセキュアテクノロジーズ株式会社の調査でも、個人情報保護法への対応が完了したと考えている企業は約2割となっています。
http://www.nri.co.jp/news/2005/050720.html

「なんだ2割か、じゃあ、うちも別に必要ないかな。」と思った方、ちょっと待ってください。
業種や規模によっては、既にほとんどの企業が何らなの対応をしています。
特に個人情報を5000件以上取り扱う「個人情報取扱事業者」に該当する企業では、該当しない企業に比べて、対策を実施している企業が多いようです。

また、対策の必要性について6割の企業が「必要だ」と感じながらも、具体的な対策ついては「わからない」といった回答も多いようで、個人情報保護が十分に認識されていないように思います。
「大切なのはわかるけど、何をしたらいいのかわからないし、出来ることなら余計な事はしたくないなあ」といったところでしょうか。

ただ、多くの企業が重要性を感じつつも、取り組めていない現在の状況は、まだ他社と差別化するに十分なチャンスといえます。

今からでも遅くはありません。少しずつでも自社の個人情報の取扱状況を見直してみてはいかがでしょうか。
[PR]

by office-izutani | 2005-08-16 07:59 | 誰でも簡単【個人情報保護】


<< 新しい会社の形、合同会社(LLC)      有限会社が無くなる >>