2005年 08月 13日
有限会社が無くなる
今回の法改正により有限会社の制度が無くなります。
有限会社というと小さな会社で、株式会社は大きな会社というイメージがあります。しかし、制度としては、規模の大小ではなく、出資者の持分や株式の譲渡を自由に行えるかどうか、という違いにおいて、株式会社は上場を目指す企業、有限会社は上場を目指さない同族的な企業を想定されています。ところが、現実には、株式の譲渡制限を設けた閉鎖的な株式会社も多くあります。
そこで、この実態を踏まえて、株式を譲渡制限している株式会社と有限会社を一本化したのです。

では、有限会社は、無くなってしまうのでしょうか?
そうとは限りません。改正後、新たに有限会社を作ることはできませんが、既存の有限会社は経過措置で残ります。現在の有限会社は、株式会社に移行することも可能ですし、有限会社のまま残ることも可能なのです。有限会社の経営者としては悩ましいところですね。

これまでは、有限会社のメリットとして、
 1.取締役が1人でよい
 2.監査役が必要ない
 3.取締役会が無くても良い
 4.役員の任期に制限がない(役員変更登記が必要ない)
 5.決算公告の義務がない
というものがありましたが、今度の法改正で、1~3までのメリットは無くなります。

ですから、役員変更登記が面倒だ(10年まで延長されましたが)という場合や、決算公告なんてしたくないという場合以外は、株式会社に移行する事になるでしょう。
ただ、名刺や書類、看板、ハンコなどの変えるのが手間だったり、有限会社の方が目立つので良いとい場合は、有限会社のまま残ってもいいのではないでしょうか。

また、有限会社の制度そのものが無くなるわけですから、来年4月以降は新たに有限会社を設立することは出来ません。どうしても有限会社を設立したいという人は、それまでの間に登記手続きを済ませておく必要があります。
有限会社を作るなら今のうちということですね。
[PR]

by office-izutani | 2005-08-13 12:54 | 会社法解説


<< 誰でもわかる!簡単【個人情報保...      誰でもわかる!簡単【個人情報保... >>